マタニティ整体

  • 腰が痛い
  • 尾骨・恥骨の辺りが痛い
  • 尿漏れがある
  • すぐに疲れてしまう
  • むくみが気になる
  • なんだかぐっすり寝つけない

妊娠中の骨盤ってどんな状態?

妊娠中の骨盤は前傾姿勢を取っています。

どうして骨盤が前傾してしまうのでしょうか。

妊娠することでお腹は大きくなり、前重心になっていきます。

そのままでは倒れてしまうので、ほとんどの方が腰を反らしバランスを取ろうとします。

妊娠中の方はこんな姿勢になっていませんか?

この姿勢が骨盤前傾といいます。

骨盤が前傾することで腰椎の湾曲が強くなり、腰痛を引き起こしてしまったり、お尻の骨(仙骨)が後ろにずれることで当たって痛くなってしまったりします。

痛みがない人でも、骨盤が前傾することで今まで正しく使えていた筋肉が使えなくなってしまったり、過度に使いすぎてしまう筋肉がでてきたりします。

骨盤は身体の土台となり、その身体を支えるための筋肉はほとんどが骨盤に付着しています。

そのため、骨盤がゆがむことで筋肉が正しく機能しなくなるのです。

どうしてマタニティ整体が必要なの?

妊娠することでお腹が大きくなり体のバランスに崩れが生じます。

その結果、使わなければいけない筋肉をうまく使えていなかったり、そこまで使わなくてよい筋肉を過度に使ってしまい体に不調をきたしてしまいます。

人間の身体は頭という重たいものが一番上にあり、それを支えるようにバランスをとっています。

人間の頭の重さってどれぐらいかご存知ですか?

体重の約10分の1ぐらいの重さです。

50㎏の人ならば約5㎏。結構重たいですよね。

そのバランスを日常的に支えているのですが、妊娠中はそういうわけにはいきません。

お腹が日に日に大きくなるにつれて、頭だけでなくお腹にも重量が増えていきます。

その結果、今までの体のバランスとは違う状態になり、脳が混乱し筋肉の誤作動が起こります。

どんな治療をしますか?

リラクゼーションや慰安的要素の強い一般的なマタニティ整体や妊婦整体とは違い、骨盤軸整体と呼ばれる身体の軸を整えていくような施術になります。

施術方法としてはソフトな刺激を入れることで筋肉を正しく使えるようにしていくものになります。

体の土台ともいえる骨盤を起点とした筋肉にアプローチしていくことでバランスを整え、体幹を安定させ、インナーマッスルを正しく使える状態に導き、身体が持つ本来の機能を取り戻すための施術になります。

その結果、大地に根を張った大木のように、骨盤を中心として体に軸を一本通したような安定感を得ることができます。

⇩動画はこちら⇩

この動画は産後5カ月のママさんに行っていますが、妊婦さんにも同様の変化を出すことができます!

当院の施術は産後の回復もフォローします

マタニティの期間中に当院の施術を受けるメリットは、妊娠中の辛い悩みから開放されるだけではありません。

痛みや疲労などの妊娠中の余計なストレスを軽減させることで、お腹の赤ちゃんの状態を良好に保つことにもつながります。

また、妊娠中の体のバランスを整えておくことで余計な筋肉の緊張をなくし、出産時の負担を減らすことにも貢献します。

さらには妊娠中から体にかかる負担を減らしておくことで、産後の体の回復にも大きく影響を与えます。

「出産は女性の体をリセットするチャンス!」なんて言葉をよく聞きます。

しかし、残念ながらリセット後に誰も同じスタートラインに立てるわけではありません。

妊娠中にどのような過ごし方をしてきたかによって、産後のボディケアのスタートラインは大きく変わります。

そのスタートラインを少しでも引き上げるために、妊娠中に何をするべきなのか。産後の体をよりベストな状態にするために今何が必要なのか。

妊娠中でも安全な施術で身体にかかる負担を軽減し体幹の強さや柔軟性、安定感をしっかり維持し続けることができる当院の施術をぜひ受けに来てください。

 

料金表 ※料金はすべて税別価格です

マタニティ整体

1回 6,000円
お得な回数券 4,500円×10回
=45,000円