肩甲骨絞り

肩甲骨を内側(中心)に絞ることで内巻きになっていた肩が後方へ移動し、正しい位置に戻ります。

その状態で上を向いたり前を向いたりと頭を動かすことで頭部も正しい位置に戻していきます。

  1. 体の後ろで手を組み、肩甲骨を内側(中心)に絞る
  2. そのまま上を向く
  3. 手を離し、肩を脱力する
  4. ゆっくりと正面を向く

 

頭部を戻す際、耳の下に指を置き、そこを支点に前を向くと正しい位置になります