スポーツ外傷・スポーツ障害

  • ケガを早く治したい
  • 野球をしていると肩・肘が痛い
  • バスケをしていて足首を捻ってしまった
  • サッカー中相手とぶつかって打撲をしてしまった
  • バレーボールで飛ぶたびに膝が痛い
  • スポーツパフォーマンスを向上したい

その悩みお任せください

 

とめおか整骨院ではスポーツを頑張る皆様に対し、ケガの早期改善はもちろん、痛みのでない身体作りパフォーマンス向上のための施術も行っております。

痛みを我慢しても治るのが遅くなってしまうだけです!

「ただの捻挫・打撲」や「成長痛だからしょうがない」など思わずぜひお早めにとめおか整骨院へお越しください!

 

スポーツ外傷について

スポーツ外傷とは転倒、衝突などの1回の外力により損傷した状態を言います。

あらゆるスポーツシーンで数多くみられ、特にコンタクトスポーツなどでは発生頻度も高まります。

 

スポーツ外傷で多い怪我

・突き指

・足首の捻挫

・肉離れ

 

スポーツ障害について

スポーツ障害とは長期間に繰り返される過度の運動負荷により損傷した状態をいいます。

同じ動作の繰り返しや緊張した筋肉の牽引力により筋肉や骨、関節に痛みが発生します。

スポーツ障害については体のケアをすることで予防することができます。

 

スポーツ障害で多い怪我

・野球肩や野球肘

・テニス肘

・オスグット(膝の成長痛)

・シンスプリント(足のスネの痛み)

 

 

大好きなスポーツで怪我をしてしまっては意味がありません

皆さんはどういった目的で運動をしていますか?

学生であれば「もっとうまくなれるように!」「プロになるために!」と頑張っているかもしれません。

しかし、大人の皆さんはどうでしょうか?

きっと「健康のため」「趣味で」「ストレス発散に」などの気持ちで行ってはいませんか?

そんな気持ちでできるからこそ運動は楽しいですよね!

でも、その運動で肩や膝、腰が痛くなり私生活に支障がでてしまっては意味がありません。

運動が好きなあなたのためにずっと続けられる身体作りをサポートします!

 

運動で身体を痛めてしまう原因について

1.柔軟性の低下

筋肉が硬い状態では関節を正しく動かすことができません。

しかし、身体は代償動作をすることで正しく動けているようにごまかしてしまいます。

例えば…テニスや野球など身体を捻る動作をする際に骨盤周りの筋肉が硬くうまく骨盤で捻れないとします。

この時に、代償動作で腰椎が過度に捻られることで腰を痛めてしまいます。

これらを改善するためには、腰の治療だけをするのではなく骨盤周りの筋肉を緩めることで骨盤が正しく動き腰の負担を軽減させます。

 

2.姿勢や骨盤のゆがみ

姿勢や骨盤がゆがんでいると正しく関節を動かすこと可動域が狭くなってしまいます。

可動域が狭いまま動かそうとすると関節に負担がかかり痛めてしまいます。

例えば…猫背で丸まっているとバンザイがうまくできません。

それをバレーボールのスパイクやバスケのシュートなどで無理やり上げようとすると肩の関節を痛めてしまいます。

これらを改善するためには姿勢や骨盤のゆがみを整えて正しく関節を動かし正しい可動域で動かせるようにしていきます。

 

3.使い過ぎ(オーバーユース)

単純に使いすぎれば痛めてしまいます。

投げすぎ、走りすぎなどで肘や膝を痛めてしまいます。

これらを改善するためには上記で記載されているように正しく身体を使えるようにすることはもちろん、疲労の回復も必要です。

マッサージやストレッチを行うようにしましょう。

 

 

 

スポーツコンディショニングケア

とめおか整骨院ではケガの治療だけではなく、試合前のコンディショニングケアパフォーマンスの向上のための施術も行っております。

施術内容は上で説明させていただいた「運動で痛めてしまう原因」をもとに、①柔軟性の向上②身体のゆがみ改善③疲労回復を目的とした施術を行っています。

お悩みの方はぜひとめおか整骨院にご相談ください!